美髪ブログ

恵比寿美容院OPSIS Kalonが発信する 痛まないカラーや、美髪のための情報です

  • HOME
  • ブログ
  • 40代50代男性のための失敗しない白髪染めカラーの選び方や美容院の選び方

40代50代男性のための失敗しない白髪染めカラーの選び方や美容院の選び方

美容師伊藤
美容師伊藤

こんにちは。恵比寿のメンズにも人気の、痛まないカラーが得意なOPSIS Kalon美容院の伊藤です。

2022年現在、メンズエステに代表されるように、

昔に比べると、男性も『美』への意識がとても高まっているものかと思います。

さて、今回の内容は『男性の白髪染めヘアカラー』に関してです。

 
      
  • 男性って白髪染めなくてよくない?
  •   
  • 白髪染めってそもそも何?普通のカラーと違うの?
  •   
  • 白髪染めするとしたら、どのくらいの頻度でしたらよいの?
  •   
  • カラーするとパサパサにならない?
  •   
  • 美容院でも、メンズの白髪染めはやってるの?
  •  
     

など、さまざまな疑問があると思います。

これらの疑問を解決できるように

現役美容師としての意見をまとめていきます。

美容師伊藤
美容師伊藤

僕のお客様も30%ほど、男性のお客様がいて、
最近白髪染めを始めた方などもいらっしゃいます!

この記事の内容
  • 一般の方にわかりやすく白髪染めを解説
  • 男性のための白髪染め情報
  • 痛みのない白髪染め情報
  • 白髪染めをするかどうか?のアドバイス
美容師伊藤
美容師伊藤

まずは、そもそも白髪染めって何なの?
というところから、わかりやすくご説明します

白髪染めとは

40代50代男性/白髪染めヘアカラーって何?

そもそも、『白髪染めヘアカラー』って何なの?

という疑問をお持ちの一般のお客様は多いと思います。

通常のヘアカラーと原理は変わりませんが、

そもそも何故白髪になるのか?

という部分も含めて、解説していきます。

美容師伊藤
美容師伊藤

まずはなぜ白髪になってしまうのか?を見ていきましょう

なんで白髪になるの?

美容師伊藤
美容師伊藤

この辺りは、少し専門用語も出てくるため、頭が痛くなりそうな方は、飛ばしてください(;’∀’) なるべく簡潔にまとめます。

 白髪になる原因

髪がもともと黒いのは、髪の内部に『メラニン色素』と呼ばれるものがあるからです。

髪の毛のメラニン色素は、毛髪一本一本の根元付近にある、『メラノサイト』と呼ばれるところでつくられます。

メラノサイトの働きが低下し、『メラニン色素』がつくられなくなると、白髪になります

 

加齢や、遺伝も影響するといわれていますが、

それ以外でも、ストレス、高熱、薬の影響でも、白髪になったりするという説もあります。

美容師伊藤
美容師伊藤

次に、美容院でよく使われる、白髪染めヘアカラーの種類を確認してみます

美容院で使われる白髪染めヘアカラーの種類

一般的に美容院で使用される白髪染めヘアカラーには、何個か種類があり、

よく使われるものをあげると、

      
  • アルカリカラー
  •   
  • ヘアマニキュア
  •   
  • ヘナ
 

などがあり、それぞれの特徴を簡単に表でまとめてみると、

  アルカリカラー ヘアマニキュア ヘナ
髪を明るくする
明るくできる
×
明るくならない
×
明るくならない
髪のダメージ ×
ダメージする

ダメージはほとんど気にならない

基本ダメージしない
持続力
長い

比較的落ちやすい

長い
臭い ×
基本アンモニア臭がある

臭いはほとんど気にならない

原料の自然の香り
(好き嫌いが分かれる)

このような感じになります。

アルカリカラーは比較的色の選択肢が多く、明るさも調整しやすいため、広く使われていますが、

ダメージしやすく、臭いや刺激があるというデメリットもあります。

一方マニキュアやヘナは、ダメージが少ない反面、色味が選べなかったり、明るくできない、マニキュアに関しては、すぐに白髪が目立ってしまう、などのデメリットがあります。

それらのデメリットを解消するため、最近では第三のヘアカラーと呼ばれるような、ダメージが少なく、色味も比較的自由に選べるようなヘアカラーも出てきています。

当店では、『アルカリカラー』と『ヘナ』の良いとこ取りをしたような、
ダメージレスで、限定美容院でしか使用できない

【天然小麦粉ヘアカラー】

というものを取り扱っています。

小麦粉カラーに関しては下記ブログに詳しくまとめてあります。

なんじゃ?小麦粉ヘアカラーとは?

詳しくは上のブログにて書いていますが、簡単に言うと、ダメージレスでおしゃれ染めも、白髪染めもできる、男性におススメのヘアカラーです。

  髪を明るくする 髪のダメージ 持続力 臭い
小麦粉カラー
明るくする工程もある
※1

基本ダメージしない
※1

長い

基本なし ※1

※1小麦粉カラーの明るくしない工程では、基本ほとんどダメージや臭いはありません。
明るくする工程ではアルカリを使用するため、多少のダメージや臭いは伴いますが、
小麦粉カラーの場合、アルカリの量を通常のカラーの半分程度にしてありますので、ダメージや臭いは最小限に抑えられます。

続いて『白髪染め』と『普通のヘアカラー』の違いを、わかりやすく解説します。

『白髪染め』と『普通のカラー』は何が違うの?

白髪染めやってるって、人に言いたくない感じじゃな…

ご安心ください。白髪染めも普通のカラーも原理はまったく一緒なんです(^^)

 ポイント
 

アルカリカラーにおいて、白髪染めと、普通のヘアカラーとで、

まったく違うものだと思っているお客様はとても多いのですが、

基本染まる原理は、まったく同じです

 

では?どうして白髪染めと呼ばれるものがあるの?という部分、必要な部分だけ簡単にまとめてみましょう♪

普通のカラー

色の選択が自由で、
透明感のある色味を出しやすい

 
白髪染めカラー

白髪には、色が入りづらいため、
濃い染料を使う必要がある

結果として、色が暗く濁りやすい

 

明るいヘアカラーは、染料が薄いため、白髪が染まりません。
要は白髪を染める場合は、基本、比較的暗めのヘアカラーとなります。

そうか…、できれば少し明るくしたいな…

上に説明したのは、基本的なお話で、
実は最近では、比較的明るめの白髪染めも可能になっています

当店では、明るい白髪染めをされたいお客様には、通常のヘアカラーと、白髪の染まるヘアカラーを合わせた【ミックスグレイカラー】を提案しています♪

白髪染めとは?まとめ

白髪染めとは?
      
  • アルカリカラー、マニキュア、ヘナ、小麦粉カラー等種類がある
  •   
  • 通常のヘアカラーも、白髪染めも原理は同じ
  •   
  • 白髪は染まりづらいため、白髪染めは色が濃く、暗くなりやすい
  •   
  • 最近では比較的明るめの白髪染めも可能
 
 

それと、最近は白髪を染めるのではなく、『ハイライト』などを入れて、白髪をおしゃれにぼかす方法も増えてきています。

それは良さそうじゃのう。

はい。ただ、その際はしっかり髪のケアもしてあげないと、時間がたって色落ちしたときに、汚くなってしまいます 汗

そのため当店では、白髪染めハイライトをする場合は、『髪質改善トリートメント』と合わせせて施術することをおススメしています。
男性の方には、お手軽なクイックコースも準備しています。

ほほう

※当店にて、男性のヘアカラーと組み合わせたお手軽な『髪質改善トリートメント』をご希望の方は、ご来店の際にスタッフにお尋ねいただくか、下記公式ラインよりお問い合わせください。

メンズの白髪が増えてきた時の対処法

メンズの白髪が増えて悩んでいる画像

40代50代頃になると、白髪が気になる男性も増えてきます。

さて、そのような時どうするか?

何個かの選択肢を上げて、それぞれを解説していきます。

市販の白髪染めや、ヘアケア商品でセルフカラー

まずは、美容院や床屋さんが苦手な方や、今すぐ染めたいというかたは、『市販の白髪染め』という選択肢があります。

最近では、薬局で買える白髪染め用ヘアカラー以外にも、

シャンプーごとに少しづつ染まるタイプや、

必要な時だけ黒髪や茶髪にできるような、ワックスタイプなども人気です。

何個かおススメをピックアップしてみます。

ちなみに薬局でホームカラーをご購入される時は、泡タイプがおすすめです。

      
  • シャンプーで染める

白髪染めを自宅でやるのは大変そう…めんどくさい…
という方は、これらの、シャンプーする度に少しずつ色が入るタイプもおススメです

※個人の毛質の差により、色が入りやすい方や、入りづらい方がいらっしゃいます。

      
  • ワックス感覚でその日の気分で色を変えてみる

白髪は染めずに残しておきたいけど、「必要な時だけ白髪をカバーしたい」という男性にはこちらのワックスタイプがおすすめです。

※個人の毛質の差により、色が入りやすい方や、入りづらい方がいらっしゃいます。

美容院で白髪染めをしてもらう

せっかく白髪染めをするなら、きれいに染めたい。
という方は、美容院で染めてもらうことをおススメいたします。

美容室の薬剤は、一般のカラー剤に比べて、細かい調整ができるのが特徴の1つです。

例として、2つのパターンを上げてみます。

どちらのパターンも、ご自身のセルフカラーでは、希望に沿うことは難しいです。

 パターン1
      
  • 白髪をぼかしたいとき

美容院によっては『白髪ぼかし』というカラーを取り扱っているところもあり、
明らかに染めてる感じが嫌で、白髪をぼかして染めたい人には、こういったカラーも可能です。

hoyuより引用

このようなヘアカラーは、塗り方などが特殊なため、セルフカラーでは、失敗の可能性があります

当店でも取り扱いがあります。

 

 パターン2
      
  • 痛ませたくないとき

このようなケースも、セルフカラーでは対応が難しいです

プロの美容師にお願いする場合は、薬のパワーを必要に応じて弱くしたり、トリートメントなどで保護したりすることができますが、専門的な知識が必要になるため、ご自身で調整することは困難です。

また、美容院のヘナなどは、痛みが出ないので、ヘアカラーをして、パサつきが出るのが嫌な男性におススメです。

ただ、ヘナの場合はどうしてもオレンジっぽい色味が出てしまいます。

当店ではそのような、痛ませたくないが、オレンジっぽいのは嫌だ!というリクエストにお応えできるように、
全国でも限られた美容室でしか取り扱うことのできない【天然小麦粉ヘアカラー】を準備しています

ジアミン染料は入っていますので、アレルギーのある方は天然ヘナをおススメしています。

 

美容院で白髪染めをする方は、髪のプロとしっかり相談し、専門的な知識のもと、あなたにあった薬剤をチョイスしてもらいましょう。

染めない

『染めない』というのも、一つの選択肢ではあります。

ジョージ・クルーニーのような、ダンディーなグレイヘア。とても素敵ですよね♪

ただ、この場合、男らしく『ダンディー』な感じになってくれたらよいのですが、

全体がどのくらいの白髪の感じになるのかは、千差万別

本人に似あう似合わないも含めて、場合によっては汚く見えてしまうこともあります。

 染めないのであれば
      
  • 気の知れた友人や家族に、聞いてみる

周りのことは、一切気にしない。という方はご自身の判断でよいかと思いますが、やはり多くの方は、『周りの目』も重要かと思います。

何でも言ってくれそうな、周りの方に、ご自身の白髪が、どう見えるのか?

を、しっかりと相談し、もしも印象が良くない場合は、染めることをおススメします。

自分だけで判断するよりも、周りの意見も聞いてみることをおススメします

 

白髪染めって、どのくらいの頻度でしたら良いの?

では、実際白髪染めをしてみるとして、どのくらいの頻度でしたらよいのでしょうか?

毎月の予算なども先に考量したほうが良い。という方もいらっしゃると思いますので

まとめてみます。

実は染め方の種類や、白髪の量によっても必要な頻度は変わってきます。

白髪ので始めで、量が少ない場合は、基本2カ月に1度くらいで良いと思いますが、
染め方によっても変わってきます。

市販の白髪染めの頻度

市販の白髪染めの場合、心配なのは『ダメージ』です

美容院で染めるのと違い、髪に負担がかからないような、細かい調整ができないため、毎回一定のダメージが重なります。

白髪の量が多い場合、毎月やりたいとことではありますが、

ダメージを考えると、白髪の量にかかわらず、できれば2カ月に1度ほど位にしたほうが良いと思います。

白髪ぼかしの頻度

こちらは、白髪をぼかして染めているため、伸びてきても、比較的なじみます。

通常2カ月に1度くらいをおススメしています。

美容院でやる白髪染めの頻度

例えば、白髪をきっちり染めたい場合で、白髪の量が全体の30%以上になってくると、

ヘアカラーをした後、1カ月もすると、根元の白髪が気になってきてしまいます。

当美容院のお客様も、白髪の比較的多い方は、毎月染めるお客様が多くなっています。

ただ、市販のヘアカラーよりはダメージは少ないですが、

アルカリカラーの繰り返しは、どうしても髪や頭皮に多少なりとも負担がかかります。

そのような『ダメージ』が気になる方には、

ヘナや、当美容院一番人気の【天然小麦粉ヘアカラー】をおススメしています。

こういったカラーであれば、髪の艶を出すために、1カ月に1度のカラーをおススメしています。

毎月カラーすることで、逆に髪のトリートメント効果が高まり、艶やまとまりが出やすくなります。

白髪染めの頻度まとめ

最後に表にしてまとめてみましょう。

  市販白髪染め 白髪ぼかし

美容院の白髪染め

頻度 2カ月に一度 2カ月に一度 1カ月に一度
ポイント ダメージが心配なので、やりすぎない 新しい白髪もなじみやすい 白髪量が多い場合は、痛ませないようにすることを前提に
毎月1度

白髪染めヘアカラーでパサパサになってしまったら?

白髪染めヘアカラーで髪が痛んでいる人

白髪染めヘアカラーをするのは、『身だしなみを整えたいから』。

というのも、理由の一つかと思います。

ただ、見た目をキレイにするために白髪染めをしたのに、結果ヘアカラーのダメージで

髪がパサついて汚くなってしまったら、本末転倒です…解決法を考えてみましょう。

なぜヘアカラーで髪がパサパサになるの?

そもそも何故ヘアカラーで、髪がダメージしてパサパサになってしまうのでしょうか?

特に痛みの原因となるヘアカラーは【アルカリカラー】と呼ばれるもので、

髪が痛む原因』は、大きく分けて2つあります。

      
  • 原因1→薬剤を浸透させるための『アルカリ剤』
  •   
  • 原因2→メラニン色素を脱色するための『過酸化水素』

一般的なヘアカラーでは、髪を明るくする場合はもちろん、

色味を変えたり、暗くしたりするだけの場合でも、このアルカリ剤によるダメージがあり、

明るくしない場合でも、メラニン色素を脱色させる【過酸化水素】は使用されます。

では、解決策を見ていきましょう♪

解決策1美容院でのトリートメント

白髪染めなど、ヘアカラーの繰り返しで髪が痛んでしまった場合は、

解決策として【美容院でのトリートメント】があげられます。

髪は自分で再生する能力はないので、外部から栄養を補給してあげる必要があります。

また、カラーとトリートメントを同時にお願いする場合は、

髪や頭皮へのダメージを減らしながら、カラーをしてくれる美容室もあります。

当店の髪質改善とヘアカラーを合わせて行うコースは、男性からも好評をいただいています。
また、男性は簡易トリートメントのみ追加される方も多いです。

いずれにしても、パサつきが気になるのであれば、何かしらトリートメントをすることをおススメします♪

解決策2自宅でヘアケア

美容院でのトリートメントに比べると、ケア能力は劣りますが、

ご自宅のシャンプートリートメント等のチョイスを間違ってしまうと、

どんどんパサつきがひどくなり、カラーの色落ちも早くなってしまいます。

      
  • メンズにおススメ!シャンプーのみでOKの優れもの!

「ヘアケアにはなるべく時間をかけたくない!」という男性にはこちらのシャンプーがおすすめです。

シャンプーだけでボリュームアップ&ヘアケア。お風呂場での洗い流すトリートメントは必要ありません♪

イオニートエッセンスVシャンプー、しっとり

      
  • メンズにおススメ!簡単で効果の高いヘアケア商品!

「ヘアケアしたいけど、面倒なのは嫌!」という男性にはこちらがおすすめです。

「髪内部の修復のスペシャルアイテム!」です。ドライヤー前に数プッシュを髪につけるだけ♪

コンデンスみるきぃセラム

解決策3ダメージレスのヘアカラーに変えてみる

例えばヘアマニキュアやヘナであれば、アルカリカラーに比べると、

痛みはほとんど気にならないかと思います。

ただ、ヘアマニキュアは、色落ちが多いのと、地肌につけられないので、すぐに根元の白髪が気になってしまい、

ヘナは、どうしてもオレンジっぽくなってしまいます。

また、どちらも明るいヘアカラーには対応できません。

そんな方には、明るくすることも可能で、アルカリカラーに比べるとダメージが圧倒的に少ない

【天然小麦粉ヘアカラー】がおすすめです。

メンズ白髪染めQ&A

メンズの白髪染め質問の画像

最後によくあるご質問等をまとめてみました

Q,美容院で、メンズの白髪染めはやっていますか?

A,はい

こちらは、女性専用の美容院でない限り、どこの美容院でも対応してくれると思います。

Q,白髪を抜くと増えるって本当?

A,いいえ

これに関しては科学的な根拠はありません。

ただ、毛を抜くことで頭皮を痛めてしまったり、まれに、抜いた部分が生えてこなくなる可能性があります。

それらを考えると、どうしても白髪が気になる場合は、

染めるか、根元から切る。ことをおススメします。

Q,白髪は染めたほうがモテますか?

A,完全な答えはありません…

こちらは、実際のお客様から過去何度か質問を受けた内容です。

これに関しては、女性の好みもあるため、一概には言えませんが、

染めないほうがどうしても年齢は高く見えますので、

      
  • 年上のダンディーな男性が好みの女性=【染めなくてもよい?】
  •   
  • 若い男性を好む女性=【染めたほうが良い?】
 

といった感じの、個人的な回答のみにとどめさせていただきます。

あくまで、個人的な意見です(;’∀’)

Q,白髪染めでアレルギーって出ますか?

A,その可能性は誰しもあります

ジアミン色素の入っているヘアカラーの場合は、誰にでもアレルギーが出るリスクはあります。

本来であれば、染める48時間前に【パッチテスト】と呼ばれる、アレルギーチェックをする必要があり、

それで問題なければ、パッチテストからちょうど48時間後には、アレルギーなくヘアカラーが可能となります。

美容室で白髪染めをする場合は、担当美容師さんに相談してみてください(^^

まとめ

男性のための白髪染めのまとめ
まとめ:40代50代の男性白髪染めのまとめ
      
  • 白髪染めをしない場合、きれいに見えるか、周りの人に聞いてみる
  •   
  • 普通のヘアカラーと、白髪染めカラーは原理は同じだが、白髪染めのほうが、色が暗く濁りやすい
  •   
  • 白髪染めの頻度はダメージが気になる場合は2カ月に一度、痛みがあまり出ないカラーであれば、1月に一度でも良い。
  •   
  • 髪のダメージやパサつきが気になる場合【天然小麦粉ヘアカラー】がおススメ
 

関連記事

  • 関連記事はございません。